アクセス

予約専用電話番号
0120-109-827

ブログ ヘアカラー 川下(かわしも) 理容室

ヘアカラー染める時は、ウェットか?ドライか?

投稿日:

こんにちは。

昨日は営業後に木材を買いに行ってきた、長崎市の散髪屋 ユリヤ文教町店2階の【オトコ髪、短髪の専門家】川下(かわしも)です。

ヘアカラー染める時は、ウェットか?ドライか?

↑ちょっと工作をしようと思って。

 

今日は、髪を染める時、髪が少し濡れた状態でカラー剤を塗布するのと、乾いた状態で塗布するのでは、染まり具合が違うのか?という検証です。

因みにボクは、少し濡れた状態で塗布してます。そのほうが、乾いている時よりムラなくスムーズに塗布できるし、濡れているとキューティクルが開いてカラー剤も髪の中に入りやすい。

染まり具合もドライとウェットで、ほぼ変わらないと思う。

しかしドライでもウェットでも染めた事はあるけど、隣どうし並べて比べた事はないので、コレも1階の竜二さんと一緒にやってみました。↓

ヘアカラー染める時は、ウェットか?ドライか?

↑赤系のカラー剤です

ヘアカラー染める時は、ウェットか?ドライか?

↑左の毛束は水で濡らして、右の毛束はドライのまま、カラー剤を塗布します↓

ヘアカラー染める時は、ウェットか?ドライか?

染まり具合は↓

ヘアカラー染める時は、ウェットか?ドライか?

↑ほぼ変わらない↓

ヘアカラー染める時は、ウェットか?ドライか?

↑それなら、少し濡れた状態の方が、髪への負担を抑えて素早く染められる。

★自信を持って、今まで通り少し濡れた状態で、ヘアカラー染めて行こうと思います。

ではでは〜 ( ^_^)/~~~

 

〒852-8131

長崎市文教町10-4

ユリヤ文教町店

(ケンタッキーさん隣り)

長崎大学から徒歩5分

住吉、昭和町周辺

➿0120-109-827

☆男性メニューは、予約制ではありません。

-ブログ, ヘアカラー, 川下(かわしも), 理容室
-, , , , ,

Copyright© 長崎の散髪屋さん理容ユリヤ&美容ユリヤ , 2019 All Rights Reserved.