アクセス

予約専用電話番号
0120-109-827

ブログ ヘアカラー 川下(かわしも) 理容室

ヘアカラー剤(アッシュ)の検証

更新日:

こんにちは。

カラー剤やパーマ剤の特性を知るため、毛束を使って検証している、長崎市の散髪屋 ユリヤ文教町店2階の【オトコ髪、短髪の専門家】川下(かわしも)です。

プラチナアッシュ 3%と6%

プラチナアッシュ 3%と6%

今日は↑上の毛束で、1階の竜二さんと一緒に、アッシュ(灰色)系のカラー剤で検証です。

ちなみに【アッシュのカラー剤】と言っても明度が違えば色味は違うし、薬のメーカーが違っても色は違う。

薬液の色が灰色系の物や、染めた後の仕上がりの色が灰色系になる物、様々です。

今日使っているのは、仕上がりの色が灰色系になるヤツです。

さて今日の検証は【髪の明度を上げる時に使う6%の2剤を使ったら、3%の2剤を使うのと比べてどうなのか?】

既に明るくなってダメージしている髪に染色する時は、酸化染料の場合、通常は 3%や2.8%、濃度の低い2剤を使いますね。

しかし6%でも、やってみました。↓

ボクの予想としては「ここまで高明度な毛なら、6%でも3%でも染まり具合は変わらないんじゃないかな〜」と、思ってました。

↑カラー剤塗布直後から、3%でmixの方が発色してきました。

↑時間をおいて、流してウェットの状態では、3%でmixの方が濃く色が入ってます。

↑乾かした後を見ても、左の3%でmixの方が濃く染まってます↓

 

★3%と6%で、高明度の髪を隣どうし並べて比べた事はなかったので、良い勉強になりました。

髪のダメージを進行させる施術は、なるべく避けるようにしてるので、普段やらない事を検証でやるのは、髪に対しての限界を知る上でも大切だと感じました。

 

ではでは〜 ( ^_^)/~~~

 

 

〒852-8131

長崎市文教町10-4

ユリヤ文教町店

(ケンタッキーさん隣り)

長崎大学から徒歩5分

住吉、昭和町周辺

➿0120-109-827

☆男性メニューは、予約制ではありません。

-ブログ, ヘアカラー, 川下(かわしも), 理容室
-, , , , , ,

Copyright© 長崎の散髪屋さん理容ユリヤ&美容ユリヤ , 2019 All Rights Reserved.